b's mono-log

« Sony VPL-VW80/HW10 | メイン | いだてん »

2008/09/19 (Fri.)

佐藤琢磨のヘレステスト

琢磨 久々のF1ドライブ (GPUpdate.net)
ヘレステスト3日目 ヴェッテルがトップタイム (GPUpdate.net)
トロロッソでのドライブを楽しんだ琢磨 (GPUpdate.net)
トロロッソ ブエミの起用はほぼ確実 (GPUpdate.net)

佐藤琢磨のヘレステストが終了。5 ヶ月ぶりの F1 ドライブながら、まずまずのタイムで昨日のブエミは上回っているようです。ただ、ホンダのブルツより遅いタイムというのがちょっと気になります。今ならマシンポテンシャル的にはトロロッソのほうがホンダより速いはずでは・・・テストなので単純なタイム比較はできないとはいえ、微妙。

こんな状況下ながら、同じく今回テスト走行した S. ブエミの来季起用はほぼ確実なもよう。レッドブル子飼いの若手で将来を嘱望されているとあれば順当なコースなのかもしれませんが、琢磨にとっては結果的に残る 1 シートを現在のレギュラードライバー・ブルデーと争う形になります。「来年は若手と経験豊富なドライバーを組ませたい」というトストやベルガーの話を信じるならば、琢磨の可能性も低くはなさそうですが・・・。

いっぽうで、昨日発売になった F1 速報 イタリア GP 号の表紙。初優勝したチームとドライバー(それも将来のワールドチャンピオンと目されるヴェッテル)を差し置いて琢磨が表紙+巻頭特集って、日本人だからってそりゃいくらなんでもあり得ない(;´Д`)ヾ。まあ、F1 速報がここまでやるということは、それなりの目算があってということであるのかもしれないので、そういう意味ではちょっと期待は持てますが、個人的にヴェッテルの喜び爆発の表紙を楽しみにしていたので、そりゃないぜという感じ(´д`)。

さておき、ストーブリーグも来年のシートが確実でないのはルノー(アロンソは残留の方向、ピケは微妙)、BMW(クビサは残留、ハイドフェルドはまだだけどアロンソがルノー残留なら順当に残留?)、ホンダ(バトンはまだ残りそうな気がするけど、バリチェロは・・・)、フォースインディア(スーティルが契約切れ)、トロロッソ(ブエミは当確)というところですかね。ルノーとホンダのシートはまだどう転ぶか分からないですが、全てがアロンソ次第な状況はまだ変わらずといったところ。そう考えると、意外と来季のドライバーラインアップは変動が少なそうですね。

投稿者 B : 23:51 | F1 | Season 2008

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

« Sony VPL-VW80/HW10 | メイン | いだてん »