b's mono-log

« O-Shield for iPhone 3G | メイン | Twitter はじめました »

2009/06/29 (Mon.)

Carl Zeiss Jena MC Sonnar 135mm F3.5

自分への誕生日プレゼント。十六進数で 20 歳になりました(ぉ。

Carl Zeiss Jena DDR / MC Sonnar 135mm F3.5

Carl Zeiss Jena MC Sonnar 135mm F3.5

そういえば 3 から 6 月になるとレンズ買ってる気がする・・・。

最近は欲しい焦点域のレンズをほぼ一通り揃えてしまったこともあり、オールドレンズ本を読み漁っている今日この頃ですが、やっぱりオールドレンズの入り口といえば旭光学の TAKUMAR か、東独 Carl Zeiss Jena かどちらか。ツァイス厨としては Jena のレンズは一度手を出してみたいと思っていました。

最近はもっぱら 70-200mm あたりの焦点距離をよく使うようになったのに加えて、春先にαの STF レンズを試して以来 135mm のレンズが一本欲しいと思っていたので、Jena のレンズの中では不人気な S135 を買ってみました。
Jena といえば Flektogon・Pancolar・Tessar のほうが有名で、このレンズを買ったお店では Sonnar より入手困難な Flektogon 35mm F2.4 もあってかなり迷ったんですが、最近 35mm あたりの画角は持て余し気味だし、価格差もかなりあったので、初志貫徹で Sonnar を。Sonnar 135mm ならばヤシコンのほうが明るくて(F2.8)安いのでそっちのほうが遙かにお買い得ですが、M42 マウントのほうがαでも使えて楽しいんですよ!!!

ちなみにこのレンズは CONTAX/Zeiss 専門店の極楽堂で購入。前々から一度覗きに行きたいと思いつつ、微妙に行きづらい(大江戸線若松河田駅)のでなかなか足が向かないお店でしたが、スタッフの方々が本当にカメラ(特にツァイス)を愛していることが伝わってきて、とても良いお店だと思います。

Carl Zeiss Jena MC Sonnar 135mm F3.5

このレンズ、単焦点なだけあって幅広のピントリングを備えていて、操作性は良好です。鏡筒のデザインは製造時期が全然違いますがヤシコンのレンズによく似ていますね。
レンズフードは内蔵式で、指で引き出してやることで使用可能です。が、長さが短いので、飾りとは言いませんが正直ちょっと心許ない(´д`)。万全を期すなら外付けのフードを買ってきたほうが良いかも。

Carl Zeiss Jena MC Sonnar 135mm F3.5

このレンズ、望遠の割に非常にコンパクト。一般的なサイズの標準ズームレンズと比較しても、細くて短いです。F3.5 と明るさを欲張っていないことも小型化に寄与しているのでしょうが、これだけコンパクトならカメラバッグの隅に放り込んでいても邪魔にならなさそうです。

Carl Zeiss Jena MC Sonnar 135mm F3.5

マウントアダプタ経由でα-7 に装着してみたところ。径が細いので、手持ちのボディの中では小さいほうのα-7 ですら、微妙にアンバランスな気がしてしまいます。むしろ CONTAX 139 Quartz とか Aria あたりのほうがバランスが良いかな?DSLR ならα330 とかマイクロフォーサーズ機のほうが似合いそうです。

このレンズ、お店で最初に見せてもらったときにはヘリコイドの動きに寄りがあってあまり滑らかではなかったのですが、お店で調整してもらったらだいぶ良い感じになりました。ただ、絞りリングの動きが若干固い感じで、絞り開放にしても微妙に絞り羽根が開ききっていないように見えるのが少し気になりますが、手持ちのレンズの中では間違いなく一番古い(たぶん私より年上)ので、多少のことには目を瞑りつつ、調子が悪くなったらまた調整に出す、という感じで使ってやろうかと思います。

まだしばらく梅雨が明けず、週末の天気は良くなさそうですが、早く試しに出たいところです。EOS のほうは EF70-200 F4L があって、このレンズと F 値があまり変わらないので、コイツはたぶんα専用のレンズになりそうな予感。

投稿者 B : 00:32 | Camera | My Equipment

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


関連コンテンツ

« O-Shield for iPhone 3G | メイン | Twitter はじめました »