b's mono-log

« 一太郎 2010 | メイン | 写欲抑圧中 »

2010/02/07 (Sun.)

JETSTREAM

カーボンのシャーボ X を買ってから、自分の中で数年に一度必ずやってくるマイ文房具ブームに襲われています。

シャーボ X は結局ジェルインクのリフィルをつけてしまいましたが、本当は書きやすい油性ボールペンも欲しかった。仕事柄、荷物の送り/受けが多いので、発送伝票には水濡れに強い油性ボールペンを使いたいし、複写伝票でもゲルインク系のボールペンを使うのはどうも許せない。で調べてみたら、最近は低粘度インクの油性ボールペンがかなり出回っているようで、その中でも最もメジャーなこれを買ってみました。

三菱鉛筆 / ジェットストリーム

JETSTREAM

0.7mm ボールの中でいちばん安いタイプのものを 3 色。

このボールペン、名前聞いたときにまず城達也が思い浮かびました(´д`)。本当はブラック 1 本だけ買うつもりだったのが、何故かレッドとブルーも購入。だって、黒くて「ジェットストリーム」なら、3 本買うでしょ普通(ぉ
初代シャーボ X を買ってからしばらく文房具に気を遣わない生活をしていたのですが、改めて周囲を見渡してみると、職場の人々が使ってるペンはほぼシャーボ X・フリクションボール(パイロットの消せるボールペン)・ジェットストリームの 3 種類に寡占されていることに気づきました。フリクションは CM もよくやってるので知ってましたが、ジェットストリームは盲点だった・・・。

文具店でこのジェットストリームを試し書きしてみたら、その滑らかさにちょっと感動。油性ボールペンなのにゲルインクかのごとく滑らかさで掠れもなくスルスルと書けてしまい、一発で気に入ってしまいました。

とかテキストで書いててもなかなか伝わらないと思うので、手持ちの一般的な油性ボールペンとゲルインクボールペンと比較してみました。

JETSTREAM

一番上が油性、前職を退職したときに同僚たちから記念品としてもらったパイロットのルアーノで、下がゲルインク系ボールペンの私的定番ユニボールシグノ。真ん中がジェットストリームです。
通常の油性ボールペンは書き出しや曲線のところでインクの掠れが生じやすいのですが、ジェットストリームはそれがかなり抑えられていて、全体的に濃い線が書けます。さすがにゲルインクと直接比較すると勝てませんが、書き味やインクの出はそれに近い。ゲルインクは書き味や発色は良いですが、乾きが遅い欠点があるのが、ジェットストリームは油性なのでそのあたりの心配も基本的になし。言ってみれば油性ボールペンの常識を変える製品だと思います。まあ最近は他社からも類似品がかなり出ているので、それこそ低粘度油性ボールペンが「常識」になりつつあるようですが。

この書き味は油性ボールペンにとってみればまさにイノベーションだと思うのですが、それが¥150 で売られていて、しかも国内他社に軒並み追随されているこのコモディティ市場・・・と考えるとむしろ哀しくなってきます。私が買った¥150 の軸以外に、ラバーやα-GEL を使った少し高級な軸もあるようですが、¥1,000 とか中途半端な価格帯(それもデザインがあまりに微妙)じゃなくてこのインクを使ってもっとちゃんとした高級ボールペンを作れば良いのに。

・・・とかいう不満があるので、この話はもう少し続きます。

投稿者 B : 23:50 | MONO | Stationery

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

« 一太郎 2010 | メイン | 写欲抑圧中 »