b's mono-log

« 2010 年の新車続々発表 | メイン | OLYMPUS E-PL1 »

2010/02/02 (Tue.)

THIS IS IT [Blu-ray]

やっぱりこれは買っとかんといかんでしょう。

マイケル・ジャクソン THIS IS IT [Blu-ray]

B002UHJ9EO

まあ、私は別に昔ムーンウォークの練習をしたクチじゃないし(ぉ、世代的にはちょっと下なんですが・・・。"Thriller" なんて幼稚園の頃だし、セールス的なピークはたぶん私が小学生くらいの頃までだったかと。でも、とんねるずあたりがよくパロディやってたこともあって、幼心に印象に残っている曲も多いです。というかこの音楽映画に収録されている楽曲のほとんどが知ってる曲、というのはある意味すごいことかと。

私は大学の頃からもっぱら R&B/ソウルしか聴かない人ですが、マイケル・ジャクソンについては「白人になりたい黒人」は私の趣味の本流じゃないと思ってあえて避けてました。でも彼の没後、数え切れないほど放送された追悼番組で改めて楽曲を耳にして、彼の楽曲の良さや R&B というジャンルの普及に与えた影響(国内では、当時の久保田利伸あたりはかなり強く影響を受けていたはず)は本当に大きかったことを再認識。劇場公開には都合がつかず行けませんでしたが、BD は絶対買おうと思っていました。

この映画はマイケル最後のワールドツアーになるはずだった "THIS IS IT" ツアーのリハーサルおよびメイキング映像を整理したもの。ドキュメンタリー的にまとめつつ、楽曲についてはリハーサルステージの映像なので、あたかもライヴ会場で観ているような感覚を味わえます。いろんなソースの映像をかき集めてきているので、HD と SD の映像が混在したりして見づらく、画質的にイマイチな部分もありますが、それでもやはり映像でこれだけグルーヴ感が伝わってくるアーティストというのもやはり稀ですね。自宅で一人で観るのも良いですが、映画館で他のお客さんとの一体感を味わいながらパフォーマンスを堪能したかったなー、と改めて思いました。
また、ドキュメンタリーの部分からは、今までの映像からはなかなか窺い知れなかった、彼の優しさと純粋さ、そして「人を楽しませる・驚かせることにとにかくこだわる」姿勢がとても深く伝わってきました。やはりそういう本質あってこそ、世界最高のパフォーマーたり得たんでしょうね。

まだ本編を観ただけですが、この映画を芯まで楽しむには本編よりも長い特典映像を全て観るべきらしいです。私はあまり特典映像までじっくり観ないほうですが、この作品はその価値あるかも。本編のほうも繰り返し楽しんで良し、BGM/BGV 的に流して良し、なので、モトが取れるくらい堪能できる BD だと思います。私は今も "Smooth Criminal" の無限ループが頭から離れません(笑。

投稿者 B : 00:55 | Foreign Movie | Movie

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


関連コンテンツ

« 2010 年の新車続々発表 | メイン | OLYMPUS E-PL1 »