b's mono-log

« PANCAKE 16mm | メイン | iPhone 4 »

2010/06/07 (Mon.)

天華のコショーそば

前から気になっていた品川駅港南口のラーメン屋さんに行ってみました。

天華

天華 コショーそば

新築の高層ビルとサラリーマン御用達の居酒屋が混在するカオスエリア・品川駅港南口前(笑。そんな港南口の中でも路地裏に存在する、老舗の中華料理店です。この界隈のサラリーマンにとっては有名店のひとつで、お昼どきにはいつも店外まで行列ができているほど。
店舗は全てカウンター席で 12~13 名が座っただけでもう満員、通路はすれ違いもできないという狭さで、老夫婦だけで切り盛りしているようです。お冷やや空の丼をカウンターに上げたりするのは当然セルフサービス、店主は必ずしも愛想が良いとは言えないので、一見さんの中にはもうそれだけでダメという人もいるでしょうが、たまにはこういう店も悪くない。

頼んだのはこの店一番の人気メニュー、「コショーそば」。見ての通りラーメン・・・というか昔ながらの「中華そば」の上にこれでもか!というくらい胡椒が振られています。いかにも辛そう・・・と思いつつ口に入れてみると、胡椒の辛さは思ったほどではないながら、とろみのつけられたスープが全然冷めず、胡椒の刺激も相まって口の中が熱い!ひょうきん族時代の片岡鶴太郎かよ、という気持ちになりながら(古)中華そばを口の中に送り込みます。
ある程度辛さ(熱さ)に慣れてきたところで改めてスープを味わってみると、あっさりした塩味の中にも鶏ガラスープの風味がしっかりと伝わってきて、悪くない。これはもしかしてコショーそばでなく「うまにそば」や「肉やさい炒め」を頼んだほうがこの店本来の味が堪能できたのでは・・・と感じました。

狭い店内、とか行列、といったハードルはいくつかあれど、ときどき無性に食べたくなりそうな味。またたまに来たいと思います。

投稿者 B : 23:59 | Gourmet | Ramen

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


関連コンテンツ

« PANCAKE 16mm | メイン | iPhone 4 »