b's mono-log

« Honda Collection Hall (2) | メイン | 彼岸花 »

2010/09/27 (Mon.)

F1 シンガポール GP 2010

シンガポールGP決勝:アロンソ2連勝!ハミルトンはリタイア - GPUpdate.net

チャンピオン争いも佳境に入ってきた中、シンガポールのナイトレースはアロンソがポールトゥフィニッシュで優勝を飾り、ポイントランキングでも 11 点差の 2 位に浮上しました。

レッドブル勢の予選でのまずい戦略に助けられた側面はあるものの、決勝では良いスタートを切った 2 位のヴェッテルを抑え込み、最後まで守りきったドライビングの勝利といって良いでしょう。
フェラーリの夏休み前後からのマシンパフォーマンスの伸びは目覚ましいものがありますね。マクラーレンのマシン性能が伸び悩んでいることもありますが、これといった特長もない代わりに優等生的なマシン特性がここにきて「どんなサーキットにも強い」という強みに変わりつつあります。トップスピードは速いけどコーナリングで劣るマクラーレン、逆にコーナーは速いけどスピードの伸びがないレッドブル、この 2 台に対してどのサーキットでも伍せるというのは、これだけ混戦になってくると大きい。もちろんアロンソのドライビングあってのものだとは思いますが。
ポディウムや公式会見の場でアロンソが醸し出す雰囲気はもはや「王者」を通り越して「王様」といったほうが相応しいくらいの貫禄を感じさせます(笑。ルノー時代のようにフェラーリがアロンソを中心に一体化したチームにまとまってきたことと、クルマが良くなってきたことで自信に満ちあふれた状況にあるからでしょうが、傍から見ていて現在最もチャンピオンに相応しいのは彼しかいないと思ってしまうほど。

いっぽうでウェバーに仕掛けた挙げ句接触でリタイアしてしまったハミルトンは痛恨のノーポイント。一応、ウェバーに対しては 20 ポイント差の 3 位につけていますが、ここでノーポイントというのは非常に痛い。もうマクラーレンに有利なサーキットがほとんど残っておらず、さらにマシン性能ではフェラーリに後れを取り始めた今、チャンピオンシップで最も窮地に立たされたのはマクラーレンの 2 人のような気がします。

ヴェッテルは・・・本来であればアロンソのポールトゥウィンはヴェッテルが果たしていたはず、と言っても過言ではないくらい、下馬評としては高かったのが、予選でのチーム戦略のまずさで 2 位がやっと。それでもウェバーとのポイント差を詰めることができたとはいえ、彼のチャンピオンへの挑戦権は鈴鹿で文句なしの完勝を果たして初めて与えられると言っていいでしょう。
いっぽうでウェバー。なんだかんだでセーフティカーを味方に付け、ピット戦略で 3 位表彰台。F1 のチャンピオンは「挑戦権のあるドライバーのうち、最もミスをしなかった者に与えられる」が近年のセオリーですから、このレースでもダメージを最小限にとどめたのは立派でしょう。ポイントランキングが示すとおり現在最もチャンピオンに近い存在であるのは間違いないですが、個人的には最近の流れを見るとアロンソかな・・・と感じています。

今回、山本左近がクリエンに HRT のシートを奪われたことでまた唯一の日本人ドライバーとなった可夢偉は・・・残念すぎる。クレバーなペースコントロールと果敢なオーバーテイクでポイント圏内に届いたところでのクラッシュ。単独クラッシュではありましたが、直前にミハエルと接触した影響も考えられます。状況が明らかになっていないところで推測を語ってもしょうがないですが、ミハエルはその後ハイドフェルドとも接触してセーフティカーの原因を作っていたり、先日のバリチェロとの一件もあることから、オーバーテイク絡みの心象は相変わらず良くないですね・・・。
さておき、可夢偉は走り自体は良いものを見せてくれているので、この勢いを保ったまま鈴鹿に臨んでくれることを期待します。

次は鈴鹿。いよいよ 2 週間後です。今年は(昨年に引き続き)現地には行けませんが、今年もチャンピオンシップが盛り上がったさなかで開催される日本 GP、今から楽しみです。

投稿者 B : 01:30 | F1 | Season 2010

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


関連コンテンツ

« Honda Collection Hall (2) | メイン | 彼岸花 »