b's mono-log

« Sony RM-PLZ430D | メイン | α77 を見に行ってきた »

2011/08/29 (Mon.)

F1 ベルギー GP 2011

ベルギーGP決勝 ヴェッテルが4戦ぶりの優勝 - GPUpdate.net

夏休み明けの F1。伝統のスパ・フランコルシャンサーキットで再開されたチャンピオンシップは、ヴェッテルが 2 年連続の戴冠を大きく引き寄せるレースとなりました。

予選はまさに名物「スパ・ウェザー」に翻弄されたような展開で、ウェット→ドライへと移り変わる難しいコンディションを制した者が生き残る、という状況でした。チェッカーフラッグぎりぎりに計測ラップに飛び込んだクルマほどいいタイムが残せるようなコンディションの移り変わり具合で、中でも特に翻弄されたのがジェンソン・バトン。ピット側のミスであと 1 周走れるところをピットに戻ってしまい、Q2 落ちという結果に。逆に、グリッドは順当に(?)ヴェッテルが PP を獲得しました。

決勝はいつ降り出してもおかしくない天気でのスタートながら、最後まで結局降り出すことはなく、フィニッシュラインを越える頃には青空も覗いていました。スタートからヴェッテル、ロズベルグ、アロンソ、ハミルトン、ウェバーあたりの攻防で、またタイヤにブリスターが出るのが早い路面状況でもあったことから、もしかしたら今回もレッドブルが負ける展開はあり得るかも?と思いましたが、「ブリスターが出ても意外ともつ」ことが判ってからはトップ争いは安定。先頭から危なげなく勝つという、レッドブルが得意なレース展開でひさびさの 1-2 フィニッシュを決めました。

最近はマクラーレンとフェラーリの戦闘力が上がってきたので、レッドブルよりもむしろ気温が上がればフェラーリ、上がらなければマクラーレンという下馬評もありましたが、そういうのを覆しての 1-2 は「相対的に優位性はなくなってきたけど、だからといって速い」という RB6 の真価だと思います。ただ、レースペースを考えれば、予選でのチーム側のポカがなければバトンが勝っていた可能性だって十分にあったわけで。スポーツにタラレバは禁物ですが、そういう運もあっての 1-2 だった(逆に言えば、レッドブルにはまだ運がついている)とは言えると思います。

逆に、中団グリッドから見事ポディウムの一角に食い込んだとはいえ、今回もバトンは良い走りをしていたので、勝ちにつなげられなかったのは残念でした。特に中盤以降のレースはバトンのオーバーテイクショーだったと言っても過言ではなく、例によって雨でも降ればバトンのタイヤマネジメントがさらに活きてきていたかもしれません。
いっぽうでチームメイトのハミルトンは、いつもどおりのアグレッシブな走りで、それほど派手ではないものの接触もちらほら。個人的には彼の攻める走りは(たまにそれどうよ、というのはあるものの)どちらかというと評価しているのですが、まあやっぱり強引さは否めませんね。で、可夢偉とのバトルでは後ろが見えておらず、コーナー入り口で可夢偉が仕掛けたところで接触、そのままウォールに強くヒットしてリタイア。チャンピオン獲得の可能性は事実上もうないとはいえ、注意力や慎重さに欠けていると言われても文句は言えませんね・・・。

で、そのハミルトンに絡んでしまった可夢偉。各車ピットストップの狭間もあったとはいえ一時は 5 位を走行する快走を見せていましたが、このハミルトンとの接触を境に転落していきます。ハミルトンのリタイアでセーフティカーが導入された際にマシンにダメージを負った可能性が高いですが、さらに SC 導入時にすかさずピットインすべきところ、1 周遅れてのピットストップになったことでポジションを失い、ポイント圏外まで落ちてしまいました。その後はペースも伸び悩み、残り 4 周でバリチェロに当てられるなど泣きっ面に蜂状態。中盤以降は最後までこれといって良いところなく、ノーポイントでレースを終えました。
ザウバーのまずいピットストラテジー(特にレース中の臨機応変な対応ができないこと)はもう何度目だという感じで、今季はこれで失ったポイントも数え切れません。ザウバーの今年のマシンはそこそこだし、可夢偉もペレスもよく走っていると思いますが、ピット戦略がそれを台無しにしています。レース前に立てた戦略がズバッと当たったときには滅法強いけど、レース中に何かあったときに素早く判断して実行する力がなさすぎ。早く可夢偉をもっと強いチームのマシンに乗せてあげたい・・・。

あ、あと今回からルノーがハイドフェルドを更迭してブルーノ・セナをレギュラーに昇格させることにしたようです。半分は金銭持ち込みに近い状況のようですが、それでもあの黄色いヘルメットが黒金の JPS ロータスカラーのマシンでサーキットを走る様子は、感極まるものがあります(まあ、私が F1 を見始めたのは年齢的に A. セナがマクラーレンに行ってからだけど)。それでいきなり予選 Q3 進出なのだから、いくら今年のルノーのマシンが良いからって、ブルーノも決して遅くはなかったんだねえ、と感心させられました。まあ、1 コーナーのどう見てもまずいブレーキングでドライブスルーペナルティをもらい、最終順位が振るわなかったとしても、とりあえず今回は悪くない走りを見せてくれただけで満足です。次回も果敢にポイントを狙いにいってほしいところ。

投稿者 B : 01:00 | F1 | Season 2011

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

« Sony RM-PLZ430D | メイン | α77 を見に行ってきた »