b's mono-log

« Movable Type 5.13 | メイン | NW-Z1050 を試す »

2012/04/04 (Wed.)

ワイドにしてみました

CMS を Movable Type 5.13 にアップグレードしたところで、この blog のテンプレートも少しいじってみました。RSS で購読している人は気づいていないかもしれませんが(笑)、各ページの横幅が今までよりも拡がっています。

この blog をオープンしてから実に 6 年半、こまごまとしたパーツを追加した以外にテンプレートをほぼ全くいじってきませんでしたが、いつまでも SVGA 解像度が前提のテンプレートもないだろうと。最近では iPad が Full HD を超える高解像度ディスプレイを搭載してきていますし、PC にしてもタブレットにしても WXGA(1,280×800)以上の解像度が標準的になって久しいので、ページの最低幅を XGA 以上で快適に表示できるよう変更しました。

今まではこんな感じ↓で、いくらなんでもいつの時代のデザインだよという印象でしたが、

b's mono-log

少しワイドにしただけ↓で、ずいぶん見やすくなったと思います。

b's mono-log

本当はもう XGA も考慮せずにもっと横幅を広げても良いと思ったんですが、そうなるとフォントサイズから何から見直さないと全体のバランスが悪くなってしまうので、ひとまずはここまで。

噂によると iPhone、iPad に続いて MacBook も Retina Display 採用を予定しているようで、今後はこれらに引っ張られて IT・モバイル系のあらゆる機器のディスプレイ解像度が高まることと思います。そうなったときに Web ページ側が様々な画面サイズ/解像度のデバイスに柔軟に対応できる仕組みを持つようになっていく必要があるのか、それともデバイス側で「うまいことやってくれる」ようになるのかは分かりませんが、当面は双方に工夫が必要な状況が続くでしょうね。今まではブラウザの UserAgent かディスプレイの解像度をキーに Web ページ側が表示を出し分けていれば済んでいたのが、デバイス側の解像度が全般的に向上し、プラットフォームも入り乱れてくると思われるので・・・。

ワイド化で写真のサムネイルも従来よりも大きく貼れるようになりました。

b's mono-log

なにげにこれが一番やりたかった。写真を大きく貼ったほうが印象が強まるし、文章の説得力も増して感じられます。iPad の Retina Display を体験して、Web サイト側ももっと高解像度の画像を貼っていくようにしないとな・・・と痛感したのが後押しになりました。

ワイド化はいろいろと見直すいいきっかけになったので、これを機にエントリーの書き方とかも少しずつ変えていってみようかな、と思案中です。

投稿者 B : 00:00 | Blog & Network | Movable Type

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


関連コンテンツ

« Movable Type 5.13 | メイン | NW-Z1050 を試す »