b's mono-log

« 足立区北千住のタイカレーと鶏の汁なし麺 | メイン | 東京都三鷹市の年越し立喰いそば »

2012/12/30 (Sun.)

東京都三鷹市のアツアツたいやき

「駅は新しぶっているけど、昭和っぽい店が、けっこう残ってるんだなあ」

甘味処たかね

甘味処たかね

ドラマ『孤独のグルメ Season2』聖地巡礼ツアー、年末年始スペシャルということでどんどん行きます(笑。今回は最終話の甘味パートに登場した、三鷹の甘味処「たかね」に行ってきました。

お茶と甘味の休憩所、たいやき行。
一見ゆるそうなふりをしているが、この店、できる。

たいやきは人形町の柳屋と同じように、焼き型でひとつひとつ焼く方式を採っているようです。イマドキこの作り方をしているなら、うまくないはずがない。

本当は店内に入って年末ティータイム、と行きたかったところでしたが、食べログの店舗ページを見ると「店内の撮影禁止」と書いてあってですね。さらには子連れの入店も不可とのこと。お茶にはこだわりがあるようなので、落ち着いて楽しめるようにお客側も協力しなくてはならない...ということなのでしょうが、写真が撮れないというのは blog ネタとしては厳しい(´д`)。やむを得ず、持ち帰りでたいやきだけいただくことにしました。

甘味処たかね

おっ、持ち重りのするたい焼き。思ったとおりだ。まだできたてで、ホカホカしてる。

さあ、どこで食べよう。

井の頭公園

そこで思いついたのが、井の頭公園。お店からだと、歩いても 10 分ほどのところです。これなら、たいやきが冷めてしまう前に到着できる。

井之頭五郎が食べた甘味を井の頭公園で食べる、なんて、できすぎているじゃないか。

甘味処たかね

寒くて人もまばらな井の頭公園でベンチを見つけて、缶コーヒーといっしょにいただきます。

こだわりの緑茶と一緒じゃないのは残念だけど、俺にお似合いなのは、こういうもんですよ。

甘味処たかね

包みから出てきたのは、いかにもたいやきって感じのたいやき。
表面がパリッとしていて、しっぽの先から少しだけあんこがはみ出しているのが、いいじゃないか。

甘味処たかね

皮は薄すぎず、厚すぎず。中身はあんこがぎっしり。何のてらいもない、オーソドックスなたいやきだけど、むしろそれがいい。
甘すぎず、小豆の味がする、あんこがうまい。予想以上だ。これは確かに、真剣に食べるに堪えるたいやきだ。

甘味処たかね

言われなくてもしっぽまでぎっしり。だよね、だよね。しっぽあんこはすごく得した気分になるなあ。
しっぽって、胴の部分よりも皮がパリッとしていておいしいんだよね。そのしっぽの先まであんこが詰まってるのがうれしい。

井の頭公園

とてもおいしいたいやきと、缶コーヒーであったまったら、目の前には冬の井の頭公園。桜でも紅葉でもない井の頭公園はちょっと寂しいけど、独りなら、それもまたいい。あまり言いたくないけど、日本人でよかりけり。

そうか...都会のぐしゃぐしゃから逃げたければ、ここに来ればいいんだな。ここでは青空がおかずだ。って、めっちゃ曇ってるけどな(ぉ

ごちそうさまでした。

孤独のグルメ Season2 Blu-ray BOX

B00AH9VRSI

関連ランキング:甘味処 | 三鷹駅

投稿者 B : 15:00 | Gourmet | KODOGURU | Sweets

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


関連コンテンツ

« 足立区北千住のタイカレーと鶏の汁なし麺 | メイン | 東京都三鷹市の年越し立喰いそば »