b's mono-log

« Manfrotto befree | メイン | 東京都品川区東大井の冷やし中華(の消滅)とワンタンメン »

2013/09/18 (Wed.)

SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM レビューのまとめ

17513-2969-293395

SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM

長らく続けてきたシグマ 18-35mm F1.8 DC HSM のレビューですが、そろそろまとめたいと思います。

SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM

[ Canon EOS 7D / SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM A013 ]
35mm(56mm 相当)、F1.8、1/5000秒、ISO100

「F1.8 通しの広角寄り標準ズームレンズ」という、他社が出しそうもないスペック(笑)のレンズがどれほどのものかと思って試させていただきましたが、これが期待に違わないレンズでした。同社の 35mm F1.4 DG HSM 譲りの破綻のない描写が、そのまま F1.8 通しのズームレンズになったかのような画。絞り開放でピントがズバッと合ったときの画は、単焦点レンズと言われても信じてしまうだけの力を持っています。

SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM

[ Canon EOS 7D / SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM A013 ]
28mm(45mm 相当)、F1.8、1/8000秒、ISO100

18-35mm(EOS だと 29~56mm 相当)という画角は、スナップ写真でよく使います。スナップで使うにはちょっとレンズが大きく重く、これに釣り合うボディとなるとカメラも含め嵩張ってしまうのと、撮り手も被写体もそれなりに「構えて」しまう物々しさになってしまうのがやや難ですが、心が動いた瞬間を、できるだけ機動力高く、とにかく美しく撮りたい、という思いに応えてくれるレンズだと思います。同時に、最近のシグマレンズを使ったことがある人ならば「こう撮れるだろうな」と考えながら撮れば、外さずに期待した画にまとめてくれる素直さも併せ持っています。逆に言えば、癖のなさ過ぎるレンズなので、多少の収差ならばむしろ好きなオールドレンズユーザーからすると、どんな写真もキレイにまとめ過ぎちゃってつまらない、と感じる部分もあります。

SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM

[ Canon EOS 7D / SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM A013 ]
32mm(51mm 相当)、F2.8、1/250秒、ISO100

テーブルフォト系にも重宝するスペックですが、最初からテーブルフォトを撮るのが目的ならともかく、食事が主役で撮影はあくまで脇役、みたいなシチュエーションだとやや大仰すぎるかも。でも、すごく透明感のある描写をするレンズなので、飲み物とか、料理の艶とか、そういったものをうまく表現してくれるのは魅力。

SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM

[ Canon EOS 7D / SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM A013 ]
22mm(35mm 相当)、F5.6、1/13秒、ISO400

18-35mm ってさすがにズーム域が狭すぎてもっと使いどころに困るかな、と思っていたんですが、鋸山登山はほぼこのレンズ一本で撮ってしまったくらい。カメラの用途で特に多い風景とスナップが、いかにこの焦点域に集中しているか、ということに改めて気がつきました。

あと、写真はアップしませんでしたが、このレンズで子どもたちを撮ると、すごく「いい写真」になることが多い。単焦点レンズの描写でズームが効くことで、子どもたちを「こう(多くは自然な笑顔で、背景がふわっとボケた印象的な写真)撮りたい」という場面が思ったように撮れる。子どもの純粋な表情を、このレンズの澄んだ描写力がうまく画にしてくれるんだと思いますが、おかげでこの夏休みには子どもたちや姪っ子たちのいい表情を、たくさん撮ることができました。

SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM

[ Canon EOS 7D / SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM A013 ]
23mm(37mm 相当)、F8、1/30秒、ISO400

35mm F1.4 DG HSM はフルサイズで使ってナンボ、APS-C だと逆に持て余すレンズだと思います。逆に APS-C 機がメインなら、35mm F1.4 よりもこの 18-35mm F1.8 のほうが重宝するのではないでしょうか。私も、5D Mark III を買わずに今でも 7D がメインカメラだったら、このまま自腹で購入していたに違いありません。

欲を言えば、フルサイズ向けに 28-55mm F1.8 とかいうレンズを開発してほしいところですが、実際にできたとして、どれくらい大きく重くなるか想像もつきません(笑。あるいは、今のところオーソドックスなスペックのレンズしか出ていないミラーレス向けの DN シリーズ(まあ、DP Merrill シリーズのレンズをベースにしているので、ニッチなスペックは出しにくいのでしょうが)で、ボディメーカーからは絶対に出なさそうなこういうスペックのレンズに挑戦してほしいですね。50-500mm、120-300mm F2.8、18-35mm F1.8 という常識外れのレンズを出してきたシグマだからこそ、今後もそういう「カメラ好きを唸らせるレンズ」を出し続けていってほしいと思います。

シグマ / [Art] 18-35mm F1.8 DC HSM (キヤノン用)

B00DBL0NLQ

■関連リンク
SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM:レビューはじめます
SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM と新湊大橋を渡る
SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM:透明感あふれる描写
SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM で料理をおいしく撮る
SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM でシールドマシンのカッターヘッドを撮る
SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM と鋸山を登る
SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM を単焦点レンズと比べてみる

17513-2969-293395

投稿者 B : 00:35 | EOS 7D | Minpos Review | Photograph

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


関連コンテンツ

« Manfrotto befree | メイン | 東京都品川区東大井の冷やし中華(の消滅)とワンタンメン »