b's mono-log

« 虚像の道化師 | メイン | ベンジャミン・バトン 数奇な人生 [DVD] »

2014/01/20 (Mon.)

EPSON EP-976A3

懸案だったプリンタの買い換え問題ですが、年賀状の印刷を終えたところでちょうど良くインクを使い切ったので、満を持して買い換え。機種はもう迷わずこれにしました。

エプソン / Colorio EP-976A3

B00EXHGSTS

今インクジェット複合機を買うならこれ以外に選択肢はないでしょうというモデル。まあ一般的なモデルからの差異化点といっても A3 プリント対応くらいですが、どの程度使うかはともかく、写真やってると A3 プリンタが欲しくなるので、最初からこれ一択でした。
A3 対応ながらサイズは従来の A4 対応機とほぼ同サイズというのが謳い文句なので比べてみると、

EPSON EP-976A3

↑こちらが今まで使っていた PM-A820、下↓が今回導入した EP-976A3。

EPSON EP-976A3

横幅は増えていますが、高さがかなり減ったので体積比ではほぼ変わらず。増えた横幅もほぼ許容範囲。ちなみに我が家ではプリンタは防湿庫の上が定位置になっています。
サイズ感よりも、むしろ今までシルバー/グレー系だったカラーリングが全身真っ白になった違和感のほうが大きいですね。私のデスク周り、ほぼ黒系なので...。もうちょっと落ち着いたカラーリングにしてほしかったところです。

本体前面は電源ボタン以外の物理スイッチはなく、かなりスッキリしていますが、

EPSON EP-976A3

基本的にはタッチパネル操作。液晶の左右も透過 LED が仕込まれた感圧式のタッチパネルになっていて、

EPSON EP-976A3

操作画面に応じたボタンが光って操作を促してくれます。「押すべきボタンが自ら光る」というのは、初心者にはけっこう良さそう。

あと、個人的に嬉しかったのが、

EPSON EP-976A3

ディスクレーベルプリント用のトレイが本体に収納できるところ。今までの機種はこれができなかったので、使わないときにこのトレイのしまい場所に意外と困っていました(笑。私は BD/DVD のレーベルプリントはけっこう多用するので...。

まだ試し刷り程度しか印刷していませんが、A3 の写真用紙も一応買ったし、今度の週末にでもいろいろ試してみようと思います。

投稿者 B : 00:00 | Camera

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


関連コンテンツ

« 虚像の道化師 | メイン | ベンジャミン・バトン 数奇な人生 [DVD] »