b's mono-log

« 楽園追放 -Expelled from Paradise- [Blu-ray] | メイン | 孤独のグルメ Season4 Blu-ray BOX »

2014/12/16 (Tue.)

SIGMA LVF-01

17844-2969-295252

先週開催されたシグマの新製品体験イベントにて、レンズとは別に気になる製品がひとつありました。

SIGMA LVF-01

同社の dp Quattro シリーズ向けの LCD ビューファインダ「LVF-01」です。おそらくこれも国内で実機が一般公開されるのは初ではないでしょうか。

ただでさえ大きくかつ特異な形状をした dp Quattro シリーズに装着することで、さらに「異形」とでも言いたくなるような出で立ちになります。
ここまで大きくなると一眼レフを使った方がいいと個人的には思いますが、dp シリーズでなければ撮れない写真だってあるし、何よりこのスタイルに興奮する人もいるでしょう(笑。

SIGMA LVF-01

カメラ本体への装着は、付属のアタッチメントをカメラに固定して、アタッチメントに対してビューファインダをスライドさせて装着する方式。複数人で写真や構図を確認したいときとか、複数の dp シリーズでファインダを使い回したいときに取り外しやすいようになっています。複数の本体で使えるようにということは、アタッチメントだけ別売されたりするんでしょうか?

SIGMA LVF-01

アタッチメントは本体の三脚穴を介してセットするようになっています。代わりにアタッチメント側に三脚穴がついていて、ビューファインダをつけた状態でも三脚にセットできます。

SIGMA LVF-01

このアタッチメントですが、三脚穴側のパーツとファインダ側のパーツが分離されていて、六角穴付きのキャップボルト(かな?)で連結されているようです。

イベント中の山木社長のコメントによると、「できる人なら他のカメラ用にアタッチメントを自作してもにょもにょ」的なお話もあったので、保証外ながらこのあたりのパーツを自作すれば DP Merrill やチルト非対応のミラーレス/高級コンデジあたりに装着できる可能性がありそうですね。3D プリンタを使って dp シリーズ向けアクセサリを自作・販売している方もいらっしゃるので、今後の展開に期待(笑

SIGMA LVF-01

非使用時にはこのようにキャップをはめて保護するようになっています。このキャップがまたすごくて、

SIGMA LVF-01

山木社長曰く「何も指示してないのに設計者が勝手にこだわってこんなところにまでスピン加工入れてきたんです。かっこいいからいいんですけど(笑」とのこと(笑。

少し覗かせてもらいましたが、これがまたよく見える!単なる暗箱ではなくて、ちゃんと光学レンズ(それも交換レンズ品質)が入っているので、非常に見やすい。本体液晶を覗き込んでいるだけなのに、高倍率な EVF を覗いているような感覚に陥ります。まあ、仕組み的には大型パネルを使った EVF と同じ構造になっているわけなので、当然ですが...。これは MF が捗るに違いないし、半端な外付け EVF をつけるくらいならばこちらのほうが良いでしょう。どっちにしろ dp Quattro は本体そのものがデカいし(笑。

発売日は未発表ですが、当日のコメントによると「うまくいけば年内に発売できそう」とのことなので、期待したいと思います。dp Quattro 持ってないけど...。

17844-2969-295252

投稿者 B : 21:53 | Camera | Compact | Minpos Review

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

« 楽園追放 -Expelled from Paradise- [Blu-ray] | メイン | 孤独のグルメ Season4 Blu-ray BOX »