b's mono-log

« soundcare SuperSpikes SS6 | メイン | 懐かしの南蛮カレー。蒲田「キッチンすみっこ」 »

2015/01/27 (Tue.)

SanDisk Extreme PLUS SDXC 64GB

すっごく久しぶりにスタンダードサイズの SD カードを買いました。

SanDisk / Extreme PLUS SDXC UHS-I Class10 64GB SDSDXS-064G-EPK [エコパッケージ]

SanDisk Extreme PLUS SDXC 64GB

振り返ってみたら最後に SD カードを買ったのは 2 年半前でした。
ウチには 16~32GB の SD カードがけっこうゴロゴロしているのでしばらく買い換えの必要性を感じていませんでしたが、EOS 7D Mark II を買ったらメモリカードの書き込み速度がボトルネックになってせっかくの高速連写が活かし切れていないような気がして、何か速い SD カードを買うか...と考えていました。そんな折、Amazon のタイムセールでこの Extreme PLUS が安く出ていることに気づき、すかさずポチッた次第。

Amazon の商品写真を見るとラベルは真っ黄色のように思えましたが、実物のラベルは半光沢のゴールド。まあこれが高級感あるか、と言われれば微妙だけど(笑

SanDisk Extreme PLUS SDXC 64GB

買ったのは「エコパッケージ」というパッケージ品。この「エコパッケージ」というのは、パッケージが簡易なだけで SanDisk の国内正規品とのこと。一般流通ではこういうパッケージは見ないので、Amazon 専用の簡易パッケージ品なのかもしれません。単なる白い厚紙の封筒というのは、最初ちょっと驚きましたが(笑。

SanDisk Extreme PLUS SDXC 64GB

今までは並行輸入品のほうが明らかに安いけど偽造品リスクもあるので、できるだけ信頼できるショップで...という手間がありましたが、国内正規品が安く買えるならそれに越したことはありません。それでもタイムセールでなければ並行輸入品のほうがまだ安いですが。

SanDisk Extreme PLUS SDXC 64GB

封筒の中に入っていたのは、半透明のプラスチックケースに入れられた SD カードのみ。説明書のペラ紙すらありません。まあ使い方が分からないものでもありませんし、豪華なパッケージとか付属品とか特に必要ないので、十分です。保証に関しては 30 日間の初期不良のみらしいので、その点が気になる人は注意したほうがいいかも。

実際どれくらい速くなっているのか、CrystalDiskMark で計測してみました。比較対象はExtreme SDHC(45MB/s モデル)および Extreme CF(60MB/s モデル)。カードリーダにはバッファローの BSCR09U3BK を使用しています。

メディア Extreme PLUS
SDXC (80MB/s)
Extreme
SDHC (45MB/s)
Extreme
CF (60MB/s)
Sequential Read 92.029MB/s 46.743MB/s 82.682MB/s
Sequential Write 60.865MB/s 41.426MB/s 49.178MB/s
Random Read 512KB 79.346MB/s 42.098MB/s 39.876MB/s
Random Write 512KB 34.122MB/s 1.613MB/s 1.720MB/s
Random Read 4KB (QD=1) 6.114MB/s 3.914MB/s 3.927MB/s
Random Write 4KB (QD=1) 2.176MB/s 1.352MB/s 0.259MB/s
Random Read 4KB (QD=32) 5.448MB/s 3.510MB/s 4.260MB/s
Random Write 4KB (QD=32) 2.051MB/s 0.465MB/s 0.285MB/s

うおー速い。ほぼ公称値通り、Extreme SDHC 45MB/s モデルの 2 倍、Extreme CF 60MB/s モデルと比べても 1.5 倍くらいのスピードが出ています。今まで、手持ちのメモリカードで最速は Extreme CF でしたが、それを軽く超えてきました。

もうひとつ、実際にカメラで使ったときの記録速度はどうか?ということで、EOS 7D Mark II を使って 10 コマ/秒連写が息切れ(コマ数が落ちる)するまでの枚数と、息切れも含め 30 秒間に撮影できる枚数を計測してみました。カメラ設定は RAW+JPEG Large/Fine 記録で、マニュアル露出・ISO100・シャッタースピード 1/8000 秒、高速連写モードにてテスト。

メディア Extreme PLUS
SDXC (80MB/s)
Extreme
SDHC (45MB/s)
Extreme
CF (60MB/s)
EOS 7D Mark II
10 コマ/秒連続撮影枚数
21 枚 18 枚 20 枚
EOS 7D Mark II
30 秒間の連続撮影枚数
93 枚 75 枚 99 枚

おっと、こちらは PC でのベンチマークとは随分違った結果に。

7D2 の内蔵バッファ容量は RAW+JPEG Large/Fine 記録の場合で 18 枚ですが、実測での差はバッファメモリからカードスロットへのデータ転送速度の差がそのまま表れている、ということでしょう。今回のテストではデータ容量が最も大きくなる RAW+JPEG で撮影しましたが、JPEG のみ記録で高速な CF カードを使えば事実上無限の高速連写が可能なので、7D2 の転送速度が遅いというわけではありません。
また、30 秒間の連写できる枚数は Extreme CF が最も多く、僅差で Extreme PLUS SDXC、少し離れて Extreme SDHC と続くのが、ベンチマークとは異なる順位になっています。この結果だけ見ると 7D2 では Extreme PLUS SDXC のポテンシャルを使い切っているとは言えず、7D2 ではおそらく SD カードスロットよりも CF スロットのほうがバス速度が高い、ということが考えられます。7D2 で高速な SD カードを使うことは無意味とは言いませんが、60MB/s 品くらいで頭打ちになり、それ以上を求めるなら CF を使え、ということが言えそうな気がします(これ以上速い CF を試してみたわけではありませんが)。

こうなってくると CF も速いものを買って比較してみたくなるところです。ただどんどん安くなっていく SD カードと違って、CF の値段は需要が中上位一眼くらいしかないこともあって、高止まりしたままなんですよね...。EOS の場合はデュアルスロットであることを活かして、大容量の SD と中容量(16~32GB)の高速 CF を組み合わせて、被写体に応じて記録先を使い分けるのがコスト対効果という意味では良さそうな気がします。

SanDisk / Extreme PLUS SDXC UHS-I Class10 64GB SDSDXS-064G-EPK [エコパッケージ]

B00KCITP4M

投稿者 B : 23:59 | Camera | Camera Accessory

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

« soundcare SuperSpikes SS6 | メイン | 懐かしの南蛮カレー。蒲田「キッチンすみっこ」 »