b's mono-log

« Doltz ポイント磨きブラシ | メイン | EOS 5Ds、見てきました »

2015/02/08 (Sun.)

ATOK 2015

ATOK 2015 が発売されたので、私もさっそく購入しました。

日本語入力システム ATOK 2015 for Windows - ジャストシステム

B00QFVQWV4

といっても最近はすっかり隔年でしか買わないようになってしまいました。機能的には今でも 2013 で十分ながら、今年は秋に Windows 10 のリリースも控えているので、最新バージョンを買っておいたほうが良いだろうな、という判断で。ちなみに年賀状の宛名印刷にしか使っていない一太郎もついでにバージョンアップしておこうと思い、一太郎 2015 のバージョンアップ版をダウンロード購入しました。

ATOK 2015 の目玉機能は「ナントカ変換サービス」で、確かに面白いんですが、これは厳密には ATOK 2015 の新機能ではなく ATOK 向けのサービスなので通常版には提供されず、プレミアム版を購入(ナントカ変換を 1 年間使用可能)するか ATOK Passport を契約しなくては使えません。興味はあるものの、実際にどれくらい使うか?と言われると微妙なので、とりあえず ATOK 単体で十分です。
それ以外はあまり大きな機能追加はありませんが、推測変換機能が強化されたのが嬉しい。今までの推測変換は文節単位でしか推測候補を表示してくれず、文字入力が細切れになってしまって逆に効率が落ちてしまうように感じていましたが、今回のバージョンからは連文節に対して推測候補を表示してくれるようになったので、途切れずにどんどん文字入力していけるようになったのが気持ちいいですね。

ATOK 2015

でも、近年の ATOK はソフトウェア単体での機能追加よりもクラウドサービス側に付加価値をつけるようになってきました。これ自体は業界全体の流れなので仕方ありませんが、魅力的な新機能を使いたいと思ったら月額でサービスを契約せざるを得ず、今までのように隔年でバージョンアップするということができなくなるのはちょっと痛し痒しですね。長年の ATOK ユーザーとしては ATOK になくなってもらっては困るので、そろそろ ATOK Passport に移行しても良いかな...とは思い始めていますが、使い方によってはオフライン時にライセンス認証が走って(認証ができずに)ATOK が使えなくなるというケースもあるようなのが困りもの。現在は改善していたりするんですかね...?

一太郎 2015 バージョンアップ版

B00QFVQXCC

投稿者 B : 21:15 | PC | Software

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


関連コンテンツ

« Doltz ポイント磨きブラシ | メイン | EOS 5Ds、見てきました »