b's mono-log

« 劇場版ムーミン 南の海で楽しいバカンス [PS Video] | メイン | MAMMUT Täsch Pouch »

2015/09/08 (Tue.)

EPSON EH-TW5350

ちょっと前のニュースですが、エプソンからフル HD 対応シアタープロジェクタの新製品が発表されていました。

「非日常を身近に」。10万円のエプソン新フルHDプロジェクタ - AV Watch
エプソン / dreamio EH-TW5350

B014A4P2AY

dreamio のエントリーモデルながら、従来機種 TW5200 からは大きくスペックアップしていて、輝度が 2,000lm→2,200lm に、コントラスト比は 15,000:1→35,000:1 に向上。ノイズリダクションやフレーム補間など、上位機種の機能も取り込んだ意欲作と言えます。

実売 10 万円前後のフル HD プロジェクタは、今やもうエプソンか BenQ くらいからしか発売されていない寂しい市場。そこに定期的に新商品を投入してくるエプソンもすごいなと思いますが、細々とした市場ながら寡占状態になっていて、それなりにビジネスになるということなのでしょう。
BenQ の超短焦点プロジェクタは昨年レビューさせていただいて、DLP のパキッとした画質はとても好ましかったものの、画質調整の幅が狭くて AV 用途としてはちょっと物足りないところがありました。そのへんは長年シアタープロジェクタを手がけてきたエプソンのほうが得意なはず。あとは黒浮きやピクセルギャップといった非 LCOS 液晶パネルの DLP に対する弱点がどの程度埋まっているかですが、これは実機の映像を一度見てみたいところ。

あと数年待てばコンシューマー向けプロジェクタも 4K が買える価格帯に入ってくるかと思うので、今のタイミングで 20 万クラスのフル HD プロジェクタを買うのはちょっともったいない。
いっぽうで、4K といってもコンテンツの販売/配信環境はまだまだこれから整備される段階だし(画質的本命と言える UHD BD はこの年末にようやく対応製品が登場するところ)、逆にプロジェクタは液晶テレビのような直視型ディスプレイに比べると解像度のアラが気になりにくいので、映画なんかは例えば 55inch の 4K テレビよりも 80inch の 2K プロジェクタのほうが満足度が高いんじゃないでしょうか。
そういう意味では、仮に 4K プロジェクタまでの繋ぎと割り切ったとしても、この TW5350 は非常にコストパフォーマンスに優れた選択肢なんじゃないかと思います。

まあ、私の場合はその前に AV アンプの買い換えが先決なので、購入検討はその次になりますが...。

投稿者 B : 23:50 | Audio & Visual | Visual

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


関連コンテンツ

« 劇場版ムーミン 南の海で楽しいバカンス [PS Video] | メイン | MAMMUT Täsch Pouch »