b's mono-log

« α7 シリーズ用薄型アイピースカップ FDA-EP16 | メイン | Western Digital が SanDisk を買収 »

2015/10/21 (Wed.)

Contadi Castaldi Franciacorta Brut Stile

ドラマ『BAR レモン・ハート』、毎週見ているわけですが、予想通り飲みたくなるお酒が多い。かなりいいお値段の銘柄が出てくることも多いのでそうそう買えないわけですが、ここまで三週見てきた感じだと、二話構成で片方は高いお酒、もう一方は買える価格帯のお酒(笑。初回放送に出てきたスパークリングワインがとても美味しそうで、でもどこで買えるんだろう...と思いつつ通勤経路の成城石井を覗いてみたら、普通に置いてありました(ぉ

Contadi Castaldi / Franciacorta Brut Stile

Contadi Castaldi Franciacorta Brut Stile

えーっと読み慣れないイタリア語でしかも長い名前ですが、カナ表記すると「コンタディ・カスタルディ・フランチャコルタ・ブリュット・スティレ」となります。北イタリアのフランチャコルタで作られているスプマンテ(スパークリングワイン)の一種。スパークリングワインといっても、製法はシャンパーニュ方式を採っているため、味わいはシャンパンに近い、とのこと。

Contadi Castaldi Franciacorta Brut Stile

グラスに注いでみると、色や泡立ちはまさにシャンパンのそれ。味は...飲み慣れているモエやマムに比べると、少し酸味は強めながら、どっしりとした辛さと繊細な味わいが、シャンパンに通ずるものを感じさせます。フルーティな香りはもしかするとシャンパンを凌駕するかもしれません。お店で、グラスで出されたらシャンパンだと思ってしまいそうなレベル。

シャンパンは安いものでも ¥4,000~5,000 程度するのに対して、このフランチャコルタは ¥3,000 円前後で買えるので、リーズナブルなシャンパン的な感覚で買えてしまいます。普通のスパークリングワインでもそこそこ美味しいのを買おうと思ったら ¥2,000 くらいはしてしまうわけで、それならフランチャコルタのほうが満足度は高いと言えます。

これは気に入りました。記念日とかじゃなくても、お店で見かけたら買って帰ってしまいそうだなあ(笑。

投稿者 B : 23:16 | Drink | Gourmet

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


関連コンテンツ

« α7 シリーズ用薄型アイピースカップ FDA-EP16 | メイン | Western Digital が SanDisk を買収 »