b's mono-log

« Amazon ベーシックのロング HDMI ケーブル | メイン | EOS 80D / PowerShot G7 X Mark II »

2016/02/17 (Wed.)

埼玉県越谷市せんげん台のカキのムニエルとアメリカンソースのオムライス

「ほんとうにうまい...誰もいなかったら、泣くかも」

せんげん台

ドラマ『孤独のグルメ Season5』聖地巡礼もかなりあちこち回ってきましたが、今回の聖地は第 11 話・埼玉県越谷市せんげん台。劇中でゴローちゃんが「泣くかも」というレベルのモノローグを披露した回はこれまでにもほとんどなく、一体どんなものが味わえるのか、ずっと楽しみにしていました。

それにしてもせんげん台なんて初めて来ました。埼玉自体、普段来る用事がありませんからね...。それでも乗り継ぎが良ければ自宅から乗り換え 2 回、90 分強で到着できるというのは、意外な発見でした。

せんげん台

「温泉...?どこ、温泉?」となる、春日部の温泉街の看板(宣伝用)。そうと知らなければ、完全にここがスーパー銭湯か何かの入り口に見えます(笑。なぜこんなデザインの看板にしたんだろう...。

せんげん台

せんげん台の駅から目指す聖地までは徒歩で 5 分あまり。川沿いにはちょっと壮観なくらい、団地がズラリと並んでいます。都心からすごく遠いような気がしていたけど、確かに急行を使えば上野まで 40 分ほどで行けてしまうわけだし、東京の一台ベッドタウン的な位置づけなのかも。

せんげん台って、こういう街なんだ。

せんげん台

川に面した通りには、劇中でゴローちゃんが YOU 演じる怪しげなママが営んでいたカラオケスナック「テン」がありました。さすがに中には入らなかったけど、扉を開いたら YOU が出てきてもおかしくない感じ(笑

せんげん台

このカラオケスナックのはす向かいには、「腹が、減った」の通称「孤独カット」を撮影した橋が架かっています。
毎度毎度、あの印象的なカットを撮る場所の選定がうまいですよねえ。

で、ちょうどこの橋を中心に、カラオケスナックと点対称的な位置関係にあるのが、今回の聖地。

厨 Sawa

川沿い、角地の三階建ての店。確かにカラオケスナックと同じ特長(劇中ではこの特長を頼りに行ったら、仕事先と間違えてこの店を見つけた、というお話でした)。

うわ、放送から二ヶ月近く経っているのにすごい行列だ。そして、劇中と同じく自転車で来ているお客さんが多い(笑
でも、行列がなかったら素通りしそうな、大人しすぎる外観。

厨 Sawa

厨 Sawa

ここ、こどグルに登場するまでは、近所の団地の奥様たちのオアシスだったんだろうなあ。
団地の中のひっそりとした佇まいに、そんなことを感じました。

厨 Sawa

店先には、お客さんへの案内文の貼り紙が。
放送後、混みまくりで品切れて早く店じまいするような状況だったんだろうなあ。

現在は並べばなんとか入店できるようになっているようですが、放送直後は開店前に整理券を配るくらいの大盛況だったそうです。

厨 Sawa

そしてメニューはこちら。ドラマに登場したものを中心に、ある程度メニューを絞っての営業になっている模様。
「五郎さんメニュー」「久住さんメニュー」とあるのが微笑ましい。そして「ギネ酢(?)ビール」って(笑

って、よそ見してる場合じゃない。胃袋は火がついたように鳴いている。
店内に入ると、今回はドラマには写らなかった座敷席のほうに通されました。

厨 Sawa

で、まずは前菜的に、久住さんが食べていた「焼イモのブルーチーズ焼」から。

焼イモとブルーチーズ、って今まで食べたことのない組み合わせだけど、サツマイモの濃厚な甘みとブルーチーズの香りと塩気が合わさるとこんな感じになっちゃうのか!という新発見。
ああ、これは確かに酒のつまみになる味だ。予想を超えてイイ。

厨 Sawa

続いてブルスケッタ。
変に衒いのない王道ブルスケッタ、地に足についているうまさだ。

ニンニクが食欲を燃え上がらせ、トマトとパンがそれをなだめている。
これ以上ない前菜だ。

厨 Sawa

そしてカキのムニエル、来たか。

うわぁ~、この香り!
焦がしバターのソース、食べる前からやばすぎる。

厨 Sawa

カキなんて、シンプルにバター焼きにするだけでもうまいのに、焦がしバターを使うとこんなになっちゃうのか。
確かにこれは、唾液だけじゃなくて涙が溢れてきそうになるくらい、うまい。
これまでの聖地巡礼でも 1、2 を争う感動的なうまさ。

カキって、なんなんだろ。
海産物だの、食材なんて言葉、このカキには失礼だ。

厨 Sawa

焼イモブルーチーズ、ブルスケッタ、カキ、という魅惑料理の連打連打にあらがえず、昼から白ワインの暴挙に出てしまった。
いや、この店の料理にはワインこそ正義でしょう。それくらい、どれもワインに合いすぎる。

厨 Sawa

そしてカキの旨味が染み渡った焦がしバターソースに、バゲットを浸していただきます。

...これはもう、これだけをつまみに永遠にワインを飲んでいられそうだ。
食べる前から分かってたんだ。

厨 Sawa

さらに、これはどうだ!オイスターブルスケッタ。
ほうら、これはとんだ贅沢食いだ。

俺、2016 年で今が一番幸せ(ぉ

厨 Sawa

メインディッシュの前に、シンプルなグリーンサラダで軽く箸休めをして、

厨 Sawa

シチューからいただきます。
久住さんはカキのトマトシチューを食べていたけど、さっきのムニエルとカキがダブるので(あえてダブらせにいっても良かったんだけど)、鶏肉のトマトシチュー。

いったいどんな材料を使ったらこんな味が出せるのか分からない、とても手の込んだシチュー。でも、ちゃんとトマトの味がしっかり活きていて、すっごくうまい。
これ、好きです。幸せ。

厨 Sawa

トマトシチューからのメイン二連発は、本命・アメリカンソースのオムライス。
アメリカンソースの海に、いろんな魚介とオムライスが泳いでいる。

ではさっそく。

厨 Sawa

うわぁ...来た来た。まさに濃厚エビ味。
だがそんな言葉が全然おっつかないうまさ。

想像していたのよりも全然濃い、通常の三倍はありそうな濃厚なエビの味と香り。
これもまた、どうやって作ったんだろう?家では絶対に真似のできなさそうな味。

こんなうまいものを作ってくれて、ありがとうございます。

厨 Sawa

デザートタイムは、もちろん自家製ババロア。

ババロアに黒蜜きなこがかかって、ババロアというよりもまさにくず餅的なお味。
濃い味の洋食スペシャルランチの後こそ、こういう和を感じる甘味を味わって、埼玉に戻ってこれた。

厨 Sawa

カキ、エビ、イカ、ホタテ。
海のない埼玉で、よもやこんなにおいしいシーフードランチができるとは。

ちょっと遠いけれど、ここはリピートしたいなあ。
クリームシチューも気になるし、今はお休みしているビーフシチューやタンシチューも絶対うまいに違いない。

劇中でゴローちゃんが、というより素の松重豊さんがずっと幸せそうな顔をしていた理由が分かった気がしました。
全部うまかった。本当に、たまげました。

ごちそうさまでした。

孤独のグルメ Season5 Blu-ray BOX

B017D5ESCK

関連ランキング:洋食 | せんげん台駅

投稿者 B : 21:56 | Gourmet | KODOGURU | Lunch

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


関連コンテンツ

« Amazon ベーシックのロング HDMI ケーブル | メイン | EOS 80D / PowerShot G7 X Mark II »