b's mono-log

« ICE MONSTER | メイン | 台北のプリペイド SIM を使ってみた »

2016/06/04 (Sat.)

台北 士林夜市

台湾に行ったら名物の夜市を見に行かなくてはならないでしょう。もちろん行ってきましたよ。

士林夜市

士林夜市

台北で最も大規模な夜市は「士林夜市」。有名なだけあって、台北 MRT の剣潭駅構内から既に案内が出ているほどです。「士林市場」というマーケット(いわゆる「いちば」ではなくて、アーケードからなる商店街)を軸にその周辺にかけて屋台が立ち並んでいる感じ。地元民だけでなく観光客も大勢集まっていて、とても活気があります。

士林夜市

剣潭駅から士林夜市方面はこんな風に見えます。日米欧台さまざまな店舗・企業や言語のネオンが輝き、その下には大量のタクシーと原付が行き交う。そして屋台。これはもう『ブレードランナー』の世界そのまんまで、テンション高まります。柄が光る傘をさして歩きたくなります(ぉ

士林夜市

屋台は本当にさまざまで、お祭り気分を味わえます。それぞれの店が看板に蛍光灯を仕込んで光らせているので、日本のお祭りの夜店よりもさらに賑やか。
メニューには中国語だけでなく英語、日本語、あとまれに韓国語も併記されていることが少なくなく、観光客に支えられていることが推測されます。日本人ならば中国語だけでも、慣れれば漢字からなんとなく想像できるメニューも多いですが。もちろんカタコトの日本語が通じるお店も多数。

士林夜市

こうやってトロピカルフルーツをズガンと並べているお店もかなりインパクトがあります。切ったものを串に刺して食べ歩きしたり、ジュースにしたり、お店によって提供のしかたはさまざま。

士林夜市

そしてこれが噂の「臭豆腐」。読んで字のごとく、かなり強烈な匂いを放つ豆腐(厚揚げ)です。
台湾に来る前からちょっと興味ある、でもちょっと怖いな、と思っていたんですが、ここまで来て食べてみないわけにはいかないでしょう。ええい、ままよ。

士林夜市

臭豆腐にもいろんな種類がありますが、この店のは「串焼臭豆腐」ということで臭豆腐を串焼きにして、甘辛いタレとチリパウダーをつけたもの。
かぶりつく前に匂いに拒絶反応が出るんじゃないかと思ってたんですが、夜市の中では周り中からいろんな匂いがしてくることもあって、確かに独特の匂いはするもののすごく抵抗感があるという感じでもなく。そして味はうまい、これイケるじゃないですか!納豆とかブルーチーズとかと方向性は同じだと思うので、ネーミングからくるイメージに惑わされなければ大丈夫だと思います。もちろん個人の感覚の差やお店による差もあるんでしょうけど。

士林夜市

さて、今度は士林市場の地下一階にある、その名も「美食區」に降りてきてみました。
ここは地下街がまるごと飲食店街になっているような感じで、各店が恒常的な調理設備を持っているので、屋台よりもはるかにバリエーション豊富なメニューが楽しめます。

士林夜市

このうまそうなソーセージの山!
台湾ビールと一緒にガツガツ食べたくなります。

士林夜市

なんと海老の生け簀まで!

ここは街全体が食のエンタテインメント。日本の肉フェスとか B 級グルメイベントがチャチに思えてきます。

士林夜市

じゃあまずはこの「阿婆之家」というお店に入ってみましょうか。
メニュー、いろいろあって迷っちゃうなあ。

士林夜市

カキ入りオムレツを頼んでみました。
オムレツといっても、実際は薄めのお好み焼きというかチヂミ的というか。表面パリッ、だけど中はとろっとした食感のオムレツの中に、とろけるようなカキが。
さらにこの甘辛いタレが食欲を刺激して、箸が止まらなくなります。

士林夜市

こりゃあもう台湾ビールももらわなければ、喉が暴動を起こしそうだ。
南国らしい、薄味で軽いビール。大汗をかきながら(夜にもかかわらずこのときの気温は 29℃)、ピリ辛の屋台料理をこの水代わりのビールで流し込む。これですよ。

士林夜市

次行ってみよー。

ひとつの店で長居するよりもいろんな店をつまみ食い感覚で巡るのが、台湾屋台の醍醐味。
こちらは「忠誠號蚵仔煎」というお店です。

士林夜市

脆皮臭豆腐。いわゆる揚げ臭豆腐です。

これはさっきの焼き臭豆腐よりもさらに強烈、臭豆腐自体の匂いが強いのに加えて豆腐の中に刻みニンニクが詰められ、その上にパクチートッピング(笑。
しかしここまでの道中で完全に嗅覚が麻痺してしまった私には、おいしくいただけました(笑。でもこれはダメな人はダメに違いない...。

士林夜市

基隆天婦羅。これは日本のさつま揚げとほぼ同じ。
でも揚げたてが出てきたので、香りが良くてこれも美味しい!こういうのこそ、屋台の王道的な味。

士林夜市

一段落してまた外に出てきました。
ごちゃっとした街並みと押しの強いネオン、これらを眺めているだけでも楽しい気分に浸れます。

士林夜市

なんと金魚すくいまであるとは!
日本人的には、こういう夜市の光景を見るとほっとしますね。

士林夜市

こういうのを売っている店もありましたが、これきっと正規品じゃないですよね(笑

士林夜市

行列のできている屋台を見つけました。「大雞排」=大きな鶏肉の揚げもの、つまり巨大フライドチキンですね。
屋台で揚げたものをその場で食べられるということで、私も並んでみました。

士林夜市

ウワオオォ、でかい!
これ人間の顔よりも大きいんじゃないでしょうか(汗。

士林夜市

これはちょっとすごいことになっちゃったぞ...。

でも、味はまあ、普通(笑。強めの塩胡椒とチリパウダーで分かりやすく味付けされていますが、すごーくおいしいというほどでもなく。でも確実にビールは欲しくなるな(笑
いかにも屋台っぽいジャンクフードでした。

士林夜市

いやあ楽しいなあ、台北夜市。買い食いも楽しいけど、日本では見られない光景がたくさん見られるので、これは撮影メインで来ても良かったかもしれません。
我々日本人にとっては完全に非日常の世界だけど、地元の人たちにとっては毎晩このお祭り状態なわけで、それもすごい話だと思います(笑。

投稿者 B : 21:00 | Gourmet | Junk Food

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


関連コンテンツ

« ICE MONSTER | メイン | 台北のプリペイド SIM を使ってみた »