b's mono-log

« ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 @T・ジョイ PRINCE 品川 | メイン | 株式会社カラー 10 周年記念展 »

2016/11/26 (Sat.)

ジェンソン・バトンが事実上の F1 引退宣言

バトン「これがF1ラストレース」と引退を示唆。復帰の意向は「今のところ」なし

今シーズン終了をもって一年間の休養期間を設け、来季は他カテゴリへの参戦とマクラーレン・ホンダのアンバサダー兼リザーブドライバーを務めるとしていたジェンソン・バトンが、最終戦アブダビを前にして事実上の引退を発表しました。おそらくこのアブダビが F1 での最後のレースになるだろう、とのこと。契約上は 2017 年でのレースドライバー復帰の可能性が残ってはいますが、本人としてはもうそれを行使する意志はない、ということのようです。

来季でマクラーレン・ホンダとアロンソとの契約が終了する後釜を狙っていたのかと思いましたが、本人は年齢的にももう十分、と判断したのでしょうか。B・A・R ホンダ時代からバトンの走りを見続け、ホンダ撤退後のブラウン GP での戴冠に心から喜んだ一人としては寂しいものがあります。長年ホンダとマクラーレンで走ってきたドライバーとして、マクラーレン・ホンダの復活を自身の走りで引き寄せてほしかった。
来季もマクラーレン・ホンダのパドックに姿を見せることはあるでしょうが、それがドライバーとしてではないというのは何とも残念。

今季はマッサとバトンという、2000 年代中盤から F1 のトップドライバーであり続けた二人がまとめて引退してしまうということで、寂しいですね。でも本当に今までありがとう、お疲れさまと言いたいです。

投稿者 B : 21:00 | F1 | Season 2016

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

« ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 @T・ジョイ PRINCE 品川 | メイン | 株式会社カラー 10 周年記念展 »