b's mono-log

« Splatoon 展 at TOWER RECORDS | メイン | 韓国チョンジュ市の納豆チゲとセルフビビンパ »

2018/08/02 (Thu.)

docomo のパケットパック海外オプションを韓国で使う

先日の韓国遠征の際、現地での通信手段をどうするかはちょっと悩みました。台湾ならもう完全に中華電信のプリペイド SIM が安くて速くて入手しやすくて最高なんですが、韓国の場合は現地 SIM の入手にはちょっと手間がかかるらしいし大して安くない。ちょっと調べてみたところ、docomo の海外ローミングサービス「パケットパック海外オプション」がちょうど三日間で ¥2,480 になるキャンペーンを展開していたので、それを利用することにしました。

パケットパック海外オプション キャンペーン料金プラン | サービス・機能 | NTTドコモ

パケットパック海外オプション

私は出国前にスマホの d メニューからパケットパック海外オプションをオンライン申込。このあたりは店頭での契約時にデフォルトでついてくるオプションだったような気もしますが、私はオンラインショップで購入して余計なオプションは一切なしにしていたので、改めて申し込みました。

パケットパック海外オプション

オプション契約が完了すると、自動的に「ドコモ海外利用」アプリがインストールされます。国内でやる作業はここまで。飛行機に搭乗したら、あとはスマホを機内モードにして着陸まで待ちます。

パケットパック海外オプション

韓国に到着したら、機内モードを切って「モバイルネットワーク設定」から「データローミング」をオンにします。ローミングが有効化されて現地のネットワークとのネゴシエーションが確立するまで 2~3 分待ちます。

パケットパック海外オプション

現地ネットワークに繋がると、docomo から自動的に SMS が送られてきます。このくだりは台湾に行ったときと基本的には同じですね。

パケットパック海外オプション

その後、さっきインストールしておいた「ドコモ海外利用」アプリを起動して「『パケットパック海外オプション』ご契約の方」ボタンをタップします。

パケットパック海外オプション

今回は二泊三日の行程だったので、キャンペーン価格 ¥2,480 の三日間プランがジャストフィット。この「利用開始」ボタンを押します。

パケットパック海外オプション

するとすんなり接続が完了し、残り時間のカウントダウンが始まります。
この通信で使えるデータ容量は自分が日本で契約しているプランの容量から引かれることになるため、まさに日本にいるときと同じ感覚で使えます。

パケットパック海外オプション

接続先は KT のネットワークでした。
スマホは Xperia Z5 Compact(SO-02H)を使ったのですが、対応バンドを調べてみたところ、LTE は

SO-02H:B1/B3/B19/B21/B28
KT:B1/B3/B8

↑という感じだったので、B1/B3 で接続していたことになります。ソウル~全州にわたる三日間の行程の中では一度も通信状況が不安定になることもなく、非常に快適でした。スピードテストはしませんでしたが、体感的には国内で docomo 回線を使っているときとほぼ同じ快適さがありました。

改めて調べてみたところ、韓国でももっと安く使える SIM が Amazon で購入できるようですね。ただこれはデータ通信専用になるようなので、音声通話つきで使いたければ手続きの手間やコストもふまえ、(韓国に限って言えば)国内キャリアの海外ローミングサービスを利用するのが最も使いやすいのではないかと思います。

KT / 韓国 プリペイド SIM カード 6 日間 5GB 4G LTE データ通信専用

B07FMNQ83V

投稿者 B : 22:00 | Mobile | Mobile Network

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


関連コンテンツ

« Splatoon 展 at TOWER RECORDS | メイン | 韓国チョンジュ市の納豆チゲとセルフビビンパ »