b's mono-log

« 明洞でチーズタッカルビ初体験 | メイン | ソウルの世界遺産を巡る »

2018/08/13 (Mon.)

OCTOPATH TRAVELER 攻略中 (2)

夏休みにつき OCTOPATH TRAVELER をちょっと集中的に進めています。

OCTOPATH TRAVELER(オクトパス トラベラー)

OCTOPATH TRAVELER

8 人の主人公のストーリーが平行して進む上に(プレイスタイルは自由だから一人を集中して進めてもいいんですが)、サイドストーリーも含めるといろんな話が入り組んできて、自分が今何をやっているかをつい忘れがち(笑。でもメインストーリーは章ごとのスタート時に「前回までのあらすじ」をちゃんと振り返ってくれるので助かります。

割とシリアスなストーリーが多い本作にあって、商人トレサ関連のシナリオは全体的に明るくポジティブな雰囲気で癒やされますね。重たいプリムロゼ編の後にプレイするとホッとします。

OCTOPATH TRAVELER

各章の攻略は基本的に目的地の町に行く→クエスト発生→ダンジョン攻略→ボス戦という流れ。ボスは大抵の場合ザコキャラに守られていて、ザコを倒さないとボスに対してまともにダメージが通りません。そこでザコをブレイク→撃破後にボスをブレイク→攻撃という手順が必要になりますが、とにかくボスが固い(;´Д`)ヾ。ザコキャラの HP が数千なのに対してボスは数万、こちらの攻撃は一手あたり数百というレベルなので長期戦になります。
本当はバフ(強化)/デバフ(弱体)系のスキルを活用すればもっと効率的に戦えるようになるんでしょうが、まだそのあたりのスキルを使いこなせていないので、ちょっと研究しないと。

OCTOPATH TRAVELER

メインストーリーは内容はともかく進め方がややワンパターンである中で、オルベリク編の第 2 章だけは毛色が違っていて、武闘大会に出場して勝ち進んでいくことになります。ワンパターンな進め方にちょっと食傷気味だったので、これは新鮮。

OCTOPATH TRAVELER

って、武闘大会といいながら一対一の戦いじゃないんかーい!(;´Д`)。しかもこっちは最大四人パーティなのに対して相手は三人だし。
まあ、本作のバトルは一人だとできることが少なすぎて面白みに欠けるので、パーティバトルのほうが楽しめるわけですが、だったらそれはそれで納得感あるシナリオにしておいてほしかったとは思います。他のメインキャラクターとの絡みが少なすぎるのがこのゲーム全体に漂う違和感なんだよなあ。

OCTOPATH TRAVELER

ちなみにバトルジョブはフィールド上を探し回って 8 種類揃えました。付け外し自由、かつバトルジョブのサポートアビリティも装備できていくので、育成次第ではバトルの自由度が高まって面白いですね。

OCTOPATH TRAVELER

例えばハンイットにはおかわり(攻撃コマンドの実行直後にもう一度攻撃)、ラストアクト(ターン終了時に確率でもう一度コマンド実行可能)、反撃(被ダメ時に反撃)をつけてひたすら物理で殴るスタイル(笑。敵の弱点との相性次第ではガードをモリモリ削ってブレイクしていけて実に爽快。
エリアによってモンスターの特性がずいぶん違って、アビリティの組み合わせにも工夫のしがいがあります。

OCTOPATH TRAVELER

とりあえず全員分のメインストーリー第 2 章まではクリアしました。ストーリー的には各キャラ 4 章ずつのシナリオがありそうなのでこれで半分弱、というところですかね?休みが終わってしまうとまた進捗がゆっくりになってしまうので、休みの間に少しでも進めていきたいと思います。

OCTOPATH TRAVELER

B07BBMRD77

投稿者 B : 22:54 | Game | Switch

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


関連コンテンツ

« 明洞でチーズタッカルビ初体験 | メイン | ソウルの世界遺産を巡る »