b's mono-log

« 晩秋 #2 | メイン | 機動戦士ガンダム NT @新宿ピカデリー »

2018/11/30 (Fri.)

青山シャンウェイ 銀座店

あの「青山シャンウェイ」の支店が銀座にオープンしたと聞いて、これは行かねばなるまい!と銀座までいそいそと行ってきました。

青山シャンウェイ 銀座店

シャンウェイ

外苑前のシャンウェイ本店は『孤独のグルメ』に登場してから本当に予約が取りづらくなってしまって。ドラマの聖地の中でも何度もリピートしたい名店のひとつですが、私もまだ二回しか行けていません。シャンウェイで修行したシェフが独立開業した四谷三丁目の「遊猿」でも同じメニューが味わえて、そちらを利用するのもひとつの手ですが、シャンウェイそのものの支店ができるならばより気軽に味わえるわけで、喜ばしいことです。

銀座店と言いつつ、立地は銀座のちょっと外れ。GINZA SIX の裏手というか、東銀座と新橋の間というか。でも銀座のど真ん中の喧噪からちょっと離れられるという意味ではなかなか渋い場所といえます。

シャンウェイ

中国の屋台のようにややカオスな空気漂う外苑前本店とは違って、銀座店はきれいな店構え。それもそのはず、この銀座店と以前からある神楽坂店は本店の直営ではなくフランチャイズのようです。そのせいか店員さんも本店より若くてノリがいい感じの人が多く、お店の雰囲気はちょっと違うかな。いい意味で銀座っぽくなく、豪快な中華をフランクに楽しめる感じ。

シャンウェイ

支店とはいえシャンウェイはシャンウェイ。ここでもメニューには筆文字でメッセージが添えられていました。
品揃えは本店とは少し変えてあるようで、本店にあるけど銀座にはないメニューもあれば、逆に銀座店オリジナルの魚介やホルモンもあるようです。

シャンウェイ

まー、それはそれとしてビールでお疲れさまでした!
寒くなってきてもやっぱりビールはうまい。

シャンウェイ

料理は冷菜の五種盛りから。糸くらげと大根の和え物、紋甲イカの葱ソース和え、極豚ガツとレッドキャベツ和え、極豚とカシューナッツの黒酢仕立て、甘海老の紹興酒漬け。いきなりメニューに載っている冷菜の全種盛りとは豪勢な。私は中でもカシューナッツと黒酢の濃い味が好き。それと甘海老の紹興酒漬け、甘海老を食べながら紹興酒を飲んでいるような、あるいは紹興酒に酔いどれた浮かれ海老を食べているような、そんな感覚。海老の代わりに自分が酔っ払いそうになってくる。

シャンウェイ

こんな贅沢な冷菜盛りを賞味していたらお酒がいくらあっても足りないわけで。飲み物は「シャンウェイサワー」にシフトするわけです。これ何かというと山椒入りのレモンサワーで、一口めは普通のレモンサワーっぽく感じたけど底の方に山椒が溜まっていて飲んでいくうちにシビレる!飲む前に混ぜれば良かった(;´Д`)。
しかもこれ、ホッピーのように「中身」をおかわりすることができます。それくらいレモンがたっぷり入っています。レモンの酸味と山椒の刺激がガツンと来るサワー、これは気に入った。

シャンウェイ

そして蒸し鶏の葱醤油。まるまる一羽分ですよ。
本店のほうでも絶対に外せない定番メニューだったけど、銀座店にもちゃんとあって良かった。

このままだとさすがに食べづらいので、いったん解体してからいただきます。

シャンウェイ

骨まで食べられてしまうしっとり柔らかい蒸し鶏に、濃いめの醤油ソースがよく浸みてうまい!葱と薬味も香ばしく、いい働きをしている。
こんな蒸し鶏ならいつまででも食べていられそうだ。

シャンウェイ

こういう濃い味につられて欲しくなるのが紹興酒。とーぜんボトルで入れるわけです。

紹興酒って若い頃に飲んだときにはおいしさが解らなかったけど、うまい中華料理と一緒なら本当にうまいんだよなあ。

シャンウェイ

そこに本命、毛沢東スペアリブのご登場!
真っ赤なスペアリブが絶妙なバランスで積み上げられている。まるで大陸の岩場か渓谷のようだ。これは肉のグランドキャニオンやー!(誰

シャンウェイ

こんなの、箸だなんだでチマチマ食べていられない。...と思ったら、お店側から自動的にビニール手袋が提供されました(笑。
これで思う存分、豪快にかぶりつけるぞ。

これがまた相変わらず、熱くて辛くてうまいんだ。
肉肉しいスペアリブに噛みつくと、うまみと同時に辣の辛さが責め立ててくる。そして後を追うかのように麻のシビレ!
熱いし辛いのに、自分の口はこのスペアリブを欲してやまない。この中毒性あるうまさは他では味わえません。

シャンウェイ

スペアリブを食べた後に残るこの大量のスパイス。四谷の遊猿ではこれを持ち帰らせてくれましたが、ここシャンウェイ銀座店でもビニール袋に詰めてお土産にしてもらえました。

これけっこう何にかけてもおいしいんですよね。前回持ち帰ったときは主にごはんに振りかけるか冷や奴に載っけていただきましたが、店員さんのおすすめは他にもパスタに混ぜてペペロンチーノ風にするとか、あと裏技でファミマのファミチキに和えると即席毛沢東スペアリブ(風)にするのも良いとのこと。ファミチキ!その発想はなかったけど今度やってみよう(笑

シャンウェイ

こう辛いと紹興酒が一気になくなっていくわけで、二本目のボトルに手を出してしまいます。
古越龍山、これは本店のほうでも定番になっていたやつですね。

シャンウェイ

四川風麻婆豆腐。

期待を裏切らないおいしさ...なんだけど、毛沢東スペアリブの後だと味覚が麻痺してどれくらい辛いのかイマイチよく分からない(笑
これはもっと早めに頼んでおくべきだったか。

シャンウェイ

〆はピリ辛黒チャーハン。
ピリ辛っていうけど、これもスペアリブの後だと全然辛さを感じません(笑。
むしろしっかりめで深味のある味が満足感を加速させ、〆に相応しい味わい。

シャンウェイ

デザートは杏仁豆腐とライチシャーベット。
トロッとした杏仁豆腐を器いっぱいに食べられるのはかなり嬉しい。

いやー、今回も本当においしかったです。
オープンして間もないのにカウンター席以外は全部埋まっていて、既に認知度がかなり高まってきているのを感じます。それでも本店より予約取りやすいといいなあ...。

今度来たら海鮮もいろいろ攻めてみたいし、銀座オリジナルのホルモン系もいってみたい。
というわけでリピートは確定です。次はいつ誰と来ようかな...。

関連ランキング:中華料理 | 東銀座駅銀座駅築地市場駅

投稿者 B : 23:00 | Dinner | Gourmet

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


関連コンテンツ

« 晩秋 #2 | メイン | 機動戦士ガンダム NT @新宿ピカデリー »