b's mono-log

« 【買ってはいけない】ディスクシステム型 HDMI セレクタ | メイン | 過ぎゆく 2018 年 »

2018/12/29 (Sat.)

KNOCK CUCINA BUONA ITALIANA 恵比寿店

今年の忘年会納めは、以前から行ってみたかったお店を選びました。

KNOCK CUCINA BUONA ITALIANA

KNOCK CUCINA BUONA ITALIANA

六本木にあるイタリアンの名店、の恵比寿店です。

カジュアルな雰囲気の店舗で、かなりイタリアっぽいノリの店員さんにいろいろとそそのかされながら(笑)たくさん食べてきました。ええ、食べ盛りですから。

KNOCK CUCINA BUONA ITALIANA

スタッフの方が「イタリアに行って買い付けてきた」というスパークリングワインからスタート。同じ泡でもビールじゃなくてスパークリングワインで乾杯すると、いつも以上に盛り上がります。

メニューを見るとどれもおいしそうで迷ってしまったので、料理はお店のおすすめでコース形式でお願いすることにしました。

KNOCK CUCINA BUONA ITALIANA

最初の一皿は、餃子...かと思ったら(ぉ)こんがり焼いたレーズンパネ・パンナにマスカルポーネとゴルゴンゾーラをホイップ仕立てにしたチーズソースでカナッペ風に。レーズン、マスカル、ゴルゴンゾーラという私の大好物揃い踏みで何とも言えない幸せな味。スパークリングワインに合いすぎる。

KNOCK CUCINA BUONA ITALIANA

鱈のフリット。これもスパークリングワインに合わせるアペリティフにはちょうど良い。おまかせにしたらこちらの状況に合わせてちょうど良いのを選んでくれているようで、いちいちツボを突いてきます。

KNOCK CUCINA BUONA ITALIANA

キャベツのサラダとかりかりポテト、甘マヨ&バルサミコドレッシング。
シャキシャキとカリカリの食感に、甘味と酸味という 2×2 の味わいが堪能できる楽しいサラダ。

KNOCK CUCINA BUONA ITALIANA

そして定番、カプレーゼ。
隠し味的にタマネギが添えてあるのがまたいい。トマトも何種類かのものが混ざっているようです。この店、一つ一つの料理にちょっとした手間がかけられているのが嬉しくなります。

KNOCK CUCINA BUONA ITALIANA

こういう前菜類を味わったら白ワインが飲みたくなるというもの。
おまかせでお願いしたらリースリングが出てきました。白ワインならばリースリングが好きな私としてはどストライクなチョイス。フランスのリースリングに比べるとスッキリしていて、料理によく合います。

KNOCK CUCINA BUONA ITALIANA

そこにどどーんと登場するのがイタリア産生ハムやサラミの盛り合わせ!
この盛り付け方がまた食欲をそそる感じでイイ。

KNOCK CUCINA BUONA ITALIANA

私がリクエストしたいちじくとピスタチオのポークテリーヌも載っけてくれました。
テリーヌにいちじくやピスタチオの風味と食感が加わって、より立体的な味になっている。これはワインが進んじゃいますね。

KNOCK CUCINA BUONA ITALIANA

さらに続けて肉!長門(山口県)産和牛、ハラミ(確か)の炭火焼。付け合わせは薄くスライスして重ねた「ミルフィーユ・フライドポテト」。
赤身肉のうまみをダイレクトに味わえ、これは満足度高い。今改めて写真を見ただけでも口の中に唾液が分泌し、語彙力が下がっていくのを感じます(ぉ

KNOCK CUCINA BUONA ITALIANA

そーなると赤ワイン。
スパークリングから始まって白→赤と、まさかワインまでフルコースを決めてしまうとは思いませんでした。それほどワインを引き寄せるこの店の料理、恐るべし。

KNOCK CUCINA BUONA ITALIANA

さあ、ここからはパスタ・タイム。
レギュラーメニューの他に日替わりの黒板メニューまであって、しかもこの黒板が。カラスミ、イカスミ、イノシシ、菜の花、海苔クリーミー、というパワーワードのオンパレード。どれも気になって選べないじゃないの(;´Д`)。

KNOCK CUCINA BUONA ITALIANA

迷った挙げ句、まずはイタリアの菜の花のボンゴレ・ロッソから。
一般的なボンゴレ・ロッソのイメージを覆す、赤地に鮮やかな緑が映えるパスタ。そこにチーズの白がまぶされて、これはまさにイタリアそのものじゃないか。

プリプリした魚介の食感と菜の花の爽やかな香りがすごくいい。

KNOCK CUCINA BUONA ITALIANA

次にイカスミ・ブラック。これまたイカスミパスタの想像を裏切る、緑と赤が鮮烈な一皿。
トマトベースで作った上にイカスミを和えているとのことで、ただのイカスミパスタよりも奥行きのある味。そこに春菊の苦み走った香りがアクセントになっていて、これもまたおいしい。

KNOCK CUCINA BUONA ITALIANA

最後はイノシシボロネーゼ。そう、結局パスタだけで三品頼んでしまったのでした(笑

イノシシってどんな感じかと思ったら、確かに野性味というか肉肉しさを感じるミートソースだけど、別に獣くさいわけでもなく、これはうまい肉だ。もしかすると上に載っているネギの香りがよく働いているのかもしれない。
それにしても、この一皿も赤・白・緑。和の食材をうまく使いながらイタリアと日本の融合を果たしている。そりゃ、日本人が食べておいしいわけです。

KNOCK CUCINA BUONA ITALIANA

どれもおいしかったなー。
つい食後酒的にウィスキーをいただいて、それぞれの料理を振り返りたくなります。

でも、まだ終わりじゃないんです。

KNOCK CUCINA BUONA ITALIANA

ドルチェは、まずはティラミスから。
これがティラミス!?と言いたくなる、常識を覆す見た目のティラミス。

見た目だけでなく、チョコレートもジャンドゥーヤ(ナッツ入りのチョコ)を使っているようで、味が奥深い!
このティラミスには驚かされました。

KNOCK CUCINA BUONA ITALIANA

セミフレッド・リモーネ。
ジェラートにレモンソースとピスタチオが載っていて、爽やかな酸味とピスタチオの風味を組み合わせるとこんな感じになっちゃうんだ!?という驚きの味。

KNOCK CUCINA BUONA ITALIANA

とどめはバニラジェラート。

単なるバニラジェラートでしょ?と思ったら、食べる直前にもこみちよりも高い位置からオリーブオイルが投下!
こういう食べ方は今まで想像したこともなかったけど、バニラとオリーブオイル、合う。今度自宅でもやってみよう(笑

もう、最初から最後まで全部おいしかった。
店員さんに乗せられて食べ過ぎ飲み過ぎた感はあるけれど、値段に見合う満足度。どの料理もクリエイティブで、今まで食べたことがないイタリアンでした。
気の置けない仲間と、おいしく楽しく一年を締める。何とも幸福な時間を過ごしました。

ここは気に入ってしまったのでまた来ようと思います。
恵比寿以外にも六本木に二店、さらに最近は田町にも支店がオープンしたとのことなので、今度は別の店舗にも行ってみたいところ。

ごちそうさまでした。良いお年を。

関連ランキング:イタリアン | 恵比寿駅代官山駅

投稿者 B : 21:00 | Dinner | Gourmet

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


関連コンテンツ

« 【買ってはいけない】ディスクシステム型 HDMI セレクタ | メイン | 過ぎゆく 2018 年 »