b's mono-log

« GRAN TURISMO 6 | メイン | MONOCHROME »

2013/05/19 (Sun.)

探偵は BAR にいる 2 ススキノ大交差点 @チネチッタ

探偵は BAR にいる 2 ススキノ大交差点

探偵は BAR にいる 2

前作がけっこう面白かったので、続編となる今作も見に行ってきました。

2 作観て思ったのは、この作品には基本的な「型」が存在して、そういう予想を裏切らないやり方で長期シリーズ化を狙っているんだろうな、ということです。必ずゲストヒロインを登場させるあたり『男はつらいよ』『釣りバカ日誌』の現代版、的な路線でしょうか。
シリアスとコミカルが入り交じる展開と、ヘタに銃をぶっ放すよりも生々しく痛々しいアクションシーンは健在で、楽しめました。が、シリアスとコミカルの割合だったり、聖地巡礼を意識しているような?ロケーションだったり、前作に比べて一般受けを狙った方向にバランスを振ったのは賛否両論かもしれません。そもそも、今回探偵はほとんど BAR にいないし(笑

でも、個人的に気になったのは、政治的にタッチーな要素を盛り込んできた割には広げた風呂敷を畳めていなかったり、あまりちゃんと伏線が張られていないところから犯人が出てきたり、そういうところで「脚本が雑」だなあ、というところです。東野圭吾のような緻密な伏線が最後に繋がってくる話というより「流れと勢い」で話を進めてしまうのがたぶんこの作品の作風なのでしょうが、ちょっと強引な展開が鼻につきました。政治ネタは時期的に原作にはない(似たような場面はあるかもしれませんが)はずなので、このあたりの雑さは映画版の脚本が原因なんでしょうが。
というわけで、ミステリーとしてはイマイチでしたが、そもそも原作からしてこれはミステリーではなくハードボイルド小説と位置づけられているので、これはこれでいいということなのかもしれません。まあ、娯楽としては純粋に面白かったので、良し。ただ、これなら原作のほうが面白そうな予感がするので、原作読んでみるかなあ。電子出版もされているし。

そういえば、本シリーズには松重豊さんが最近にしては珍しくヤクザ役で出演しています。前作では『孤独のグルメ』のドラマ化前だったので気になりませんでしたが、今はどうしてもそういう目で見ちゃうなあ(笑。

東 直己 / 探偵はひとりぼっち

4150306818

投稿者 B : 00:00 | Japanese Movie | Movie

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

松重さんの役ですが、原作ではこのあと大変つらいことになります。;つД`) 今のうちに元気のある松重さんの演技を見ておかないと。

原作ではこれの前の「消えた少年」につながっている後半の
話になっているんですが、ヒロインがどんな感じになっている
のかなぁ。

映画、見たくなりました。

投稿者 daizo : 05/28 13:09

えええ。そうなんですか。脚本はけっこう書き換えられているようなので今後どうなるか分かりませんが、とりあえずものを食べるシーンが見たい(笑
私もその後原作について調べてみましたが、今回のヒロインは原作とはずいぶん違う設定になっているようですね。
前作に比べて分かりやすく面白い方向性になっているのは賛否両論でしょうが、シリーズのファンなら観る価値あると思いますよ。

投稿者 B : 05/29 00:37

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


関連コンテンツ

« GRAN TURISMO 6 | メイン | MONOCHROME »