b's mono-log

« SIGMA MC-11 ボディによる AF 速度の差を比較 | メイン | 新緑の高尾山 »

2016/05/05 (Thu.)

Reebok InstaPump Fury Road

久しぶりに完全なる衝動買い。

Reebok / InstaPump Fury Road (Purple/Violet/Navy/White)

Reebok InstaPump Fury Road

1995 年頃のスニーカーブームの際に大流行した「インスタポンプ フューリー」(のバリエーションモデル)の復刻版。同じ復刻モデルでも、エアマックス '95 は復刻されすぎで今さら履きたいとは思わないけど(2~3 年でエアユニットが破れるし)、ポンプフューリーは気になっていました。
その 20 年前の名作が、しかもこの紫の濃淡ツートーン×藍色というカラーリングで復刻...とか言われたら、これは買うのが私の使命みたいなもんじゃないですか(;´Д`)ヾ。本当は子どものクツを買いに行ったはずの ABC マートで、私が買ってしまったという(ぉ

Reebok InstaPump Fury Road

原色×蛍光色の印象が強いポンプフューリーシリーズですが、紫モデルの派手めながら落ち着いた配色が美しい。
クツの形状自体はオリジナルのポンプフューリーのほうが削ぎ落とされたイメージでカッコイイと思うけど、フューリーロードの 1990 年代っぽいソールの分厚さもイイですね。

Reebok InstaPump Fury Road

この懐かしい「インスタポンプ」システム。このポンプを押すことで、シューレースではなく空気圧で足にフィットさせる仕組みです。この機構はバスケットシューズで先行して搭載されていたもので、私も当時『スラムダンク』からのバッシュブームでシャキール・オニールモデルを履いてたなあ(懐

ちなみにフューリーロードというと今は『怒りのデス・ロード』(の原題)のほうを連想しがちですが、このクツに搭載されているのは輸血袋ではなく空気袋です(ぉ

Reebok InstaPump Fury Road

空気圧でフィットさせるとはいうものの、このクツ自体は足の甲を覆う樹脂パーツによるフィット感のほうが強くて、インスタポンプはむしろ気休め程度にしか効いてないように思います(笑。
サイズ感はちょっとキツめで、私は普段履いているサイズよりも一つ大きめ(10inch/28.0cm)がちょうどでした。

Reebok InstaPump Fury Road

ソールが分厚いのでちょっと重そうに見えますが、ソールの内部には「ヘキサライト」と呼ばれる中空ハニカム構造のクッション素材が使われていて、思いのほか軽くなっています。
ナイキのエアクッションを意識した素材でしょうが、ナイキほど破れやすくないといいなあ(笑

Reebok InstaPump Fury Road

当時すごく欲しかったスニーカーのひとつだけに、こうした形で手に入れることができて大満足です。

最近アウトドアシューズづいてましたが、久しぶりのタウンユース向きランニングシューズ。外を歩くのが楽しくなりそうです。

Reebok / InstaPump Fury Road

B01A6EBCEW

投稿者 B : 15:05 | Footwear | MONO

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

おぉこちらを購入されましたか。これのグレーもちょっと心を揺さぶられたんですよね〜。

Reebok、初めて履きましたけど、足型が自分向きな気がします。NBよりも少しだけ足先が狭めですけど、ナイキやアディダスよりも少し幅が広めで快適でした〜。

投稿者 丁稚 : 05/09 16:11

そうそうポンプフューリーのグレー単色やネイビー単色も渋くて良かったんですよね。でも私的にはこの色以外にあり得ませんでした(笑
リーボックは 20 年ぶりに履きましたがw、意外と日本人の足にもフィットするものですね~。

投稿者 B : 05/09 22:54

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

« SIGMA MC-11 ボディによる AF 速度の差を比較 | メイン | 新緑の高尾山 »